■ご訪問者数:20342026
ふくま内科循環器内科クリニック  三浦レディースクリニック  山本ひふクリニック  たかさわ糖尿病内科クリニック 

コラムを読む

歯科医療と金属アレルギー

歯科2009/03/12

 金属アレルギーと聞くと、指輪やピアス、時計などによりかゆみや湿疹、かぶれなどを起こす症状を思い起こす方が多いと思いますが、歯科の分野でも、金属アレルギーの問題が取り上げられる様になってきました。
ご存知の通り、歯の被せ物や詰め物には金属が使われることがあり、これらの金属がイオン化して体内に入るとアレルギー反応を起こすことがあります。

花粉症などと同じように、今まで何ともなかったのに突然発症したり、口の中以外に症状が出ることも多いため、口の中の金属が原因であることがわかりにくいケースもあります。

 金属アレルギーのリスクを下げるには

  1. 金、チタンなどの溶け出しにくい金属を使う
  2. セラミックなどの非金属を使用する
  3. できるだけ同じ種類の金属を使う

アレルギーはご自身の体質にも依りますので、気になる方は医師、歯科医師に相談してみて下さい。


Text by かも歯科クリニック 加茂 勝巳(  「」掲載)

はこだて医療情報に登録されている詳細ページリスト(50音別)

医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科