■ご訪問者数:13601597
山本ひふクリニック  たかさわ糖尿病内科クリニック  YOKO CLINIC  はこだて港町眼科 

コラムを読む

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)

眼科2013/03/04

 今回は加齢黄斑変性についてお話します。
この病気は平均寿命がのび高齢化社会となるにつれて、よくみられる病気となりました。
病気の基礎には老化に伴う網膜の機能低下があり、これが原因で異常血管が発生し網膜に水がたまります。
網膜はカメラでいえばフィルムに相当するため、水がたまると物がゆがんで見えます(歪視:わいし)。我々眼科医は眼底診察に加えて様々な検査を行い、総合的に判断します。

 病気の進行を抑える治療として、以前からレーザー治療(光線力学療法)が行われていましたが効果が不十分な症例も多く見られました。
ここ数年で抗VEGF薬を用いた新しい治療も加わりました。
また、昨年末からは抗VEGF薬に新しい薬が承認され、選択肢も広がっています。
ですので、歪視がある方は一度眼科を受診されることをお勧めいたします。


Text by 江口眼科病院 北 直史( 2013年3月4日 「みなみ風」掲載)

はこだて医療情報に登録されている詳細ページリスト(50音別)

医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科