■ご訪問者数:8645568

コラムを読む

糖尿病の兆しがありませんか? ~糖負荷試験のすすめ

内科2018/05/28

 春の健康診断の時期ですね!
お花見・ジンギスカン・ゴールデンウイークの旅行など忙しかったあなた!
健康診断は、いかがでしたか?
特に糖尿病の血糖値やHbA1cにチェックのついている方はいませんか?
糖尿病の兆しがあると曖昧にせず、この際、はっきり白黒つけた方が、今後の心構えや対処に役立ちます。

 糖尿病・予備軍の方と、正常な方では、高血圧やコレステロールの治療の基準値が異なってきます。
また、糖尿病の場合使いにくいお薬もあります。
そんな方におすすめなのは、ブドウ糖負荷試験です。
この検査で糖尿病なのか境界型糖尿病(予備軍)なのか、正常なのかを確認してみましょう。

 検査は、内科であればどこでもできる簡単な検査です。
早朝空腹で採血・尿検査を行い、その後75gのブドウ糖の入った甘い水を飲みます。
飲んでから、30分、1時間、2時間後にそれぞれ採血を行います。
正常な方は、飲んで30分すると血糖値が上がってくるのですが、30分~1時間をピークに、2時間たつと血糖値は、140mg/㎗以下に低下してきます。
糖尿病初期の方は、空腹の時の血糖値は、正常なことが多いのですが、血糖値を下げるインスリンというホルモンが不足したり、その働きが悪くなっているため血糖値は下がりにくくなります。
そのため、30分・1時間と、血糖値が上がり続け、2時間後には200mg/㎗を超えてしまいます。
予備軍の方はその中間で、一度上がった血糖値が、上がり続けないものの、下がりきれない状態になります。
このように、糖分を負荷した血糖値の反応をみて①糖尿病②予備軍③正常だけど糖尿病になりそうな状態④正常者―を判定します。

 特に家族に糖尿病がいる方、血圧やコレステロールの高い方で、血糖値やHbA1cが基準値を超えたときは、確認してみてはいかがですか?


Text by はら内科クリニック 原 信彦(2018年5月28日 「北海道新聞夕刊」掲載)

はこだて医療情報に登録されている詳細ページリスト(50音別)

医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科