■ご訪問者数:12572449
YOKO CLINIC  はこだて港町眼科  みさわ歯科口腔外科クリニック 

コラムを読む

トイレが近いのは年のせいかと思っていました

泌尿器科2017/01/10

「治療前はトイレが心配でバスにも乗れませんでした。今では買い物中にしたくなっても家に帰るまで我慢ができます」

 これは当院を受診されたある女性の言葉ですが、トイレに困って泌尿器科外来を受診された多くの方が同じような治療体験をされています。
急に尿意をもよおすからトイレのない場所へは行けない。
間に合わなくて時々漏らしてしまうことがある。
夜間何度もトイレに行くから眠れない。
年のせいとあきらめないで、また恥ずかしいとためらわないでぜひ1度泌尿器科へ相談してください。

 頻尿や尿失禁の原因にはさまざまなものがありますが、細かな症状の確認と超音波検査などの簡単な検査で正しく診断することができます。
現在は原因に応じた治療方法も確立しているため多くの方が治療によって症状が改善しています。

「トイレの心配がなくなったから旅行に出かけられるようになりました」

「台所で見ずに触れても我慢ができるようになりました」

「夜あまり起きなくなったのでよく眠れるようになりました」

 ただし治療効果が出るのに時間がかかる場合や薬だけでは良くならないこともあります。

「前に泌尿器科にかかって1カ月薬を飲んだけれど全然良くならないからやめました」

 ときどきこのような話を耳にします。原因によっては効果が出るのに数カ月以上かかることもあります。
また、薬の治療以外にもトイレを我慢する膀胱訓練や、いくつかの運動療法、睡眠時間を適正にするなど生活習慣の改善を同時に行うことで初めて効果が得られる場合もあります。
過去に治療をしてうまくゆかなかった方も、あらためて泌尿器科を受診して治療がうまくゆかなかった原因を調べてみることをおすすめします。


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2016年12月13日発行号 「青いぽすと」掲載)

あなたも過活動膀胱かもしれません

泌尿器科2017/01/10

前ぶれもなく起こる急な尿意を感じたら泌尿器科へ!

過活動膀胱は男性、女性、若年、高齢にかかわらず誰もがなりうる病気です。

40歳以上では8人に1人が過活動膀胱の症状を持つと言われています。

間に合わずに漏れそうになる、人よりもトイレに行く回数が多い、夜何度もトイレに行くので眠れない、おしっこをした後なんとなく気持ち悪い、などの症状があればそれは過活動膀胱かもしれません。

泌尿器科には行きたいけどちょっと恥ずかしいし、どんな検査をされるのか不安。こんな思いをされている方は多いと思います。しかし排尿に関する医療の進歩により、難しい検査をしなくても診断や治療ができるようになりました。

泌尿器科を初めて受診された場合、まず症状や普段の状況を詳しくうかがいます。
そして、病気に関連するいくつかの質問をさせていただき診断を導きます。
診断が確定できない場合には検査を行うことになりますが、その場合も尿検査や超音波検査など苦痛の少ないものを優先的に行うので心配はありません。

治療が始まった後も、その後の症状の変化を確認しながら無理なく続けられる治療方法を相談しながらすすめてゆくので不安なく継続してゆくことができます。

悩むよりはまず泌尿器科へご相談ください。


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2016年6月14日発行号 「青いぽすと」掲載)

夏場に多い尿管結石の痛み発作

泌尿器科2016/08/08

 30~50才といった働き盛りの男性に多い尿管結石ですが、近頃の暑い夏場は発汗が多くなり尿も濃縮しがちとなり結石が育ちやすいため、痛み発作に注意は必要です。

 急に転げ回るような激痛が、下腹部から左右どちらかの脇腹や背中にかけての範囲のいずれかの場所に感じたら、尿管結石の痛み発作の可能性があります。
左右どちらかの下腹部だけとか背中だけということが多いです(いわゆる腰痛のようなからだの中心ということはありません)。

 治療後5年以内の再発率が20~50%と高率なので、予防や再発防止も重要です。
まずは十分なカルシウム摂取。
昔は結石のもとになるため食べないように言われましたが、逆であることがわかっています。
ほかに重要なのが、十分な水分摂取や就寝前2~3時間は食事をとらないなどで尿の濃縮を防ぐことがありますので、参考にしてみてください。


Text by 医療法人社団やまだクリニック 山田 裕一( 2016年8月8日 「北海道新聞みなみ風」掲載)

5分以上おしっこを我慢できますか?

泌尿器科2016/07/25

 おしっこの我慢は膀胱(ぼうこう)炎になるとか腎臓に悪いと言われた時代もありました。
しかし現在は、さまざまな医学的研究から、我慢をしても病気にはならないことが確認されています。
むしろ我慢をすることで膀胱の機能を高めることができます。

 膀胱が健康であれば1時間でも2時間でも簡単におしっこを我慢することができます。
それができない方は膀胱など泌尿器の病気であることが考えられます。
決して「歳のせい」ではないのです。
普段、我慢をしていない方も5分以上おしっこの我慢ができるか試してみて下さい。
それが難しいようなら膀胱訓練を始めてみましょう。

 膀胱訓練とは、トイレに行きたくなってもおしっこを我慢する訓練です。
我慢を続ける時間は特に決まっていませんが、数分程度の我慢から始めて無理のない範囲で時間を延ばしていきましょう。
毎日繰り返すことで徐々に我慢ができるようになり、トイレの回数が減少します。
ただし、膀胱炎や尿路感染症の方は膀胱訓練が禁止されています。
明らかな排尿痛や下腹部痛、肉眼的血尿を自覚される方は、膀胱訓練を開始する前に必ず泌尿器科へ相談してください。

 病状が重い場合には、尿失禁が心配でほんのわずかな時間でもおしっこの我慢ができません。
このような場合には、我慢をせずトイレに向かい排尿の準備ができたところで我慢をしてみましょう。
繰り返しているうちに我慢することができるようになります。

 膀胱訓練だけで改善しない時は、訓練と併せて薬を飲んだ方が良い場合があります。
また、中には排尿障害や膀胱癌など重大な病気が原因となっていることもあります。
膀胱訓練を続けても症状が改善しない時や、排尿困難や残尿感、痛みや出血など頻尿以外の症状がある場合には、泌尿器科の受診がすすめられます。
問診と超音波検査などの簡単な検査により診断、治療が可能です。

 おしっこの我慢は、膀胱の働きにとってとても優れた健康習慣です。
おしっこの我慢ができなくてお困りの方は、どうぞお気軽にご相談ください。


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2016年7月25日 「北海道新聞夕刊」掲載)

陰のうが大きくなってきたら・・・

泌尿器科2016/03/07

 陰のうの中には生殖器官として重要な精巣があります。
陰のう全体が腫れたときは、精巣に関係なく浮腫によることが多いです。

 片側の陰のうが腫れたときは、痛みの有無にかかわらず泌尿器科専門医を受診したほうがいいです。
小児や高齢だと陰のう水腫によることが多く、小児は手術が必要なこともあります。
痛みのない腫れで重大な病気があります。
精巣腫瘍(がん)という病気です。
20代の若い年齢に多いですが、4才以下あるいは高齢でも発生する腫瘍です。
恥ずかしいからと親にも話さなかったり、受診しなかったりしますので、お子さんに腫れていないか聞いてみるといいでしょう。
大人の方は、たまにお風呂で触ってみる。
左右をくらべて大きさ、しこりがないかどうかチェックするといいでしょう。


Text by 医療法人社団やまだクリニック 山田 裕一( 2016年3月7日 「北海道新聞みなみ風」掲載)

おしっこのトラブルは、気軽に泌尿器科へ

泌尿器科2016/01/25

・おしっこをしても、またすぐトイレに行きたくなる。
・急に尿意をもよおして我慢ができない。
・夜中たびたびトイレに起きる。でも恥ずかしくて泌尿器科には行けない。

 このようにおしっこのことで困っているけど、泌尿器科ではどんな検査が行われるのか不安でなかなか受診ができない方も多いと思います。
でも心配いりません。
問診と腹部超音波など苦痛の少ない検査で簡単に診断することができます。
そして原因を正しく調べることで症状を改善させることができます。
病院での検査に加えて、ご自宅で排尿日記をつけてもらい頻尿の種類を分類することで、それぞれの場合にあった治療方法が選択できるような工夫もあります。
治療を受けた方の約95%で排尿回数が減少、約90%で治療結果に満足との回答も得られています(※)。

・おしっこのことが気になって乗り物に乗れない。
・買い物の途中でしたくなったらどうしよう。
・夜中何度もトイレに起きるので昼間眠くてたまらない。

 頻尿は日常生活に大きな支障を来します。
そして夜間の頻尿は体の健康状態にも悪影響を与えることが知られています。
現在は原因や症状に合わせたさまざまな薬が治療に使えるようになりました。
また薬以外にも普段の排尿習慣を少し変えてみたり、むくみを抑える靴下を使うことで症状を和らげることもできます。

 年齢や性別を問わず、おしっこのトラブルでお困りの方は、気軽にいつでも泌尿器科へご相談ください。

(※)西日本泌尿器科学会発表による


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2016年1月25日 「Array」掲載)

おしっこの我慢は、とても優れた膀胱健康法

泌尿器科2016/01/14

■おしっこが近い。夜中に何度も起きてしまう。トイレが心配で外出できない。

 歳のせいとあきらめる前に膀胱訓練を試してみましょう。
膀胱訓練とは、トイレに行きたくなっても我慢をする訓練のことです。
おしっこの我慢は膀胱炎になるとか腎臓に悪いと言われた時代もありました。
しかし現在は、さまざまな医学的研究から排尿の我慢で病気にはならないことが確認されています。
我慢を続ける時間は特に決まっていませんが、数分程度の我慢から始めて無理のない範囲で時間をのばしてゆきましょう。
毎日繰り返すことで徐々に排尿の間隔が開いてゆきトイレの回数が減少します。
ただし、膀胱炎や尿路感染症の方は膀胱訓練が禁止されています。
明らかな排尿痛や下腹部痛、肉眼的血尿を自覚される方は、膀胱訓練を開始する前に必ず泌尿器科へ相談してください。

■我慢しようとするけど、すぐに漏れてしまう。漏れるのが心配で膀胱訓練ができない。

 頻尿症状が進むと、ほんのわずかな時間でもトイレの我慢ができなくなります。
このような場合には、我慢をせずトイレに向かってかまいません。
そのかわりトイレで排尿の準備ができたところで我慢してみましょう。
繰り返しているうちに我慢することができるようになります。

■困ったときには、気軽に泌尿器科を受診しましょう。

 症状が重い場合には、膀胱訓練と合わせて薬を飲んだ方が良い場合があります。
また、頻尿の原因はさまざまであり、中には排尿障害や膀胱癌など重大な病気が原因となっていることもあります。
膀胱訓練を続けても症状が改善しない時や、排尿困難や残尿感、痛みや出血など頻尿以外の症状がある場合には、泌尿器科を受診しましょう。
問診と超音波検査などの簡単な検査により診断、治療が可能です。
お困りの方は、専門医に気軽にご相談ください。


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2015年12月15日発行 「青いぽすと」掲載)

尿閉(にょうへい)とは?

泌尿器科2015/09/14

 尿閉という言葉をご存じですか?

 多量の尿が膀胱(ぼうこう)にたまっているのに、排尿できない状態のことをいいます。

 膀胱や前立腺の病気によって、この状態になることがあります。
男性に多い症状で、前立腺肥大のある方が、お酒を飲んだり感冒薬、抗アレルギー薬、抗不整脈薬などある種の薬を飲んだあとに、これらが引き金になって急にぴたっと尿を出せなくなることがあります。

 多くの場合は一時的なものですが、その間はいくら頑張っても尿を満足に出せず、たらたらとあふれて漏れてくるだけです。
非常につらく苦しいものです。
私の経験でも2リットル近くもの尿がたまっている患者さんがいらっしゃいました。

 急に尿が出なくなったら、我慢し過ぎずに、落ち着いて泌尿器科あるいは当番病院に行って処置を受けてください。


Text by 医療法人社団やまだクリニック 山田 裕一( 2015年9月14日 「北海道新聞みなみ風」掲載)

問診と簡単な検査で、おしっこの悩みを解決しましょう

泌尿器科2015/07/21

Q.トイレが近い。でも泌尿器科の診察が恥ずかしいから病院に行けない。

A.大丈夫です。十分な問診を行うことで不要な診察をせずに治療ができます。

Q.おしっこが間に合わない。でも泌尿器科の検査って、ちょっと不安。

A.心配いりません。現在は超音波検査など苦痛の少ない検査で診断が可能です。

 おしっこが近い、間に合わずに漏れそうになる、夜何度もトイレに行くので眠れない、おしっこをした後なんとなく気持ち悪い。
泌尿器科には行きたいけどちょっと恥ずかしいし、どんな検査をされるのか不安。
こんな思いをされている方は多いと思います。
しかし、排尿に関する医療の進歩により、難しい検査をしなくても診断や治療ができるようになりました。

 泌尿器科を初めて受診された場合、まず症状や普段の状況を詳しくうかがいます。
そして病気に関連するいくつかの質問をさせていただき診断を導きます。
診断が確定できない場合には検査を行うことになりますが、その場合も尿検査や超音波検査など苦痛の少ないものを優先的に行うので心配はいりません。
治療が始まった後も、その後の症状の変化を確認しながら無理なく続けられる治療方法を相談しながら進めてゆくので不安なく継続してゆけます。

 泌尿器科では、おしっこの症状だけではなく、腎臓や血尿、蛋白尿、その他さまざまな腎臓病や泌尿器疾患についても同じように対応しています。
ぜひお気軽にご相談ください。


Text by 医療法人社団美原腎泌尿器科 田崎 雅敬( 2015年6月16日発行 「青いぽすと」掲載)

慢性腎臓病について

泌尿器科2015/04/06

 ゆっくりと腎臓の働きが悪くなっていく状態やゆっくりと経過する腎臓の病気を全て慢性腎臓病といいます。
日本の成人8人に1人と多くの患者さんがいて、病気の概念が広まってきて10年以上たちますが、あまり知られていないのが現状だと思います。
進行すると最後には人工透析や腎移植が必要な状態になります。
日本の透析患者さんの生存率は世界で最も良好ですが、このような状態にならないように日常の努力が重要です。
慢性腎臓病になる危険因子として、高齢、家族に慢性腎臓病の人がいること、健診で尿異常があること、脂質異常症、高尿酸血症、鎮痛薬の常用、高血圧、糖尿病、肥満、喫煙などがあります。
こういう危険因子を持つ方は、高血圧や糖尿病の治療をきちんと受け、生活習慣の改善に努めましょう。
悪くなった腎臓は正常に戻りません。
よほど悪くならないと自覚症状も出ないので、健診を受けたり、かかりつけの医師にたずねてみるといいでしょう。


Text by 医療法人社団やまだクリニック 山田 裕一( 2015年4月6日 「北海道新聞みなみ風」掲載)

はこだて医療情報に登録されている詳細ページリスト(50音別)

医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科  
医科 歯科